読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊んで航海記

思いつきで遊んだり、ゲームを作ったり、寝たり

ブックオフで1円と言われた本をAmazonに出品したら8000円で売れた話

収納場所を確保するため泣く泣く本を整理していたのですが、大抵の本はブックオフで売ろうとしても、普通は高めでも数百円、ちょっと旬じゃない本になると10円とか1円になったりします。

この技術書がこの値段?

それでも廃棄するより誰かがまた読んでくれる可能性がある方がいいのでたまに売るわけですが……それにしても「この技術書がこの値段?」と思わずにはいられないわけです。

たとえば、これ。
Game Programming Gems

Game Programming Gems

 

ゲームプログラミングに役立つ(宝石のような)技術的TIPSがたくさん載っている本です。

このシリーズで得た知識は(フル活用できたわけではないですが)その後のゲーム開発の効率化やクオリティアップにも大変役立っていて、先人の知恵は本当に偉大だなと思うわけです。同じことを自分で試したりイチからやっていたらどれだけ時間をくうことか。そのことを考えると(当時給与もたいしたことはなかったですが、それでも)、定価1万2000円なんて安いもの。

しかし、これをブックオフに買い取ってもらおうとすると、なんと1円! 安い。安いけど――安すぎる! (状態は綺麗です)

「あなたは、1円の価値しかないものを大事にとっておいたのよ」と言われているかのようですが(被害妄想)、この本の価値が分かる人が世の中にはちゃんといるはず…!

一方Amazonマーケットプレイスでは…

この本、Amazonで調べてみると中古で6000~7000円くらいで販売されていました。

Amazonの中古というのは、Amazonマーケットプレイスのことです(※新品も出品できます)。Amazon商品の下に「¥○○○より○中古品の出品」とか書いてリンクが貼ってあるアレです。

Amazonマーケットプレイスは、Amazonのページに事業者も一般人も出品できるサービスで、一度も出品したことはなかったのですが……調べてみると意外と簡単にできそう

とはいえ、発送とか面倒なので細かくたくさん出品するのは避けて、ひとまず定価も中古品の価格も高めの本を数冊登録してみました。

ところで、Amazonには1円で売られてる中古商品とか大量にありますよね。そういう商品はAmazonが設定している送料とのわずかな差額で利益を出しているようです。

あとAmazonに商品を送って保管、発送してもらえる「フルフィルメント by Amazon」というサービスもあります。保管料や手数料もかかりますが、定期的に多くの商品を扱うなら便利かも。

(今回は利用していません)

納品書を印刷して梱包

で、まずは2~3商品登録したのですが、わずか1日後にAmazonから「注文確定 - 商品を出荷してください」とメールが。注文が入ったのは前述のGame Programming Gems。定価1万2000円の本を8000円で登録していたものです。

さて、梱包と発送の方法ですが、Amazonの注文管理ページで「納品書を印刷」ボタンをクリックすると、A4の納品書を印刷できます。

納品書の上部は発送先の住所になっているので、ハサミで切り取ります。書籍が濡れてはいけないので透明な袋に入れ、切り取った下部の納品書の方もその中へ

f:id:n_ryota:20150502231717j:plain

セロテープなどで袋をぴったり止めます。

(ちなみに、この写真は別のタイミングで注文が入ったGame Programming Gems 2を梱包したときのもの。あまり覚えてないのですが、Gems 2は試しに9000円で登録してしばらく音沙汰なく、8000円に値下げして1週間後ぐらいに売れたような気がします)

f:id:n_ryota:20150502232125j:plain

 A4の封筒に入れます。

f:id:n_ryota:20150502132149j:plain

表に最初に切り取っていた発送先の住所を貼り付け、裏には発送元(自分)の住所を記載して、あと分かりやすいようにAmazon.co.jp マーケットプレイスからの注文品」という表記を足せば梱包完了です――が、まだ封筒を開けた状態にしておきます(理由は後述)。

ゆうメールで発送&出荷通知

さあ、あとは発送するだけ。今回は分厚く重い書籍なので、ゆうメールを使います。ゆうメールで発送する場合、中身が書籍と分かるようにするため、封筒に切り込みで窓をあけておくか、郵便局で封をする必要があります。

www.post.japanpost.jp

Amazonでは配送料が257円となっていますが、今回は460円で発送です。(ゆうメールはポスト投函でもOKなのですが、自信がなかった&この本の分厚さでは入らないので郵便局から…)

配送したらAmazonの注文管理ページから「出荷通知を送信」ボタンを押して、配送方法を書けば(今回は「ゆうメール」)と書けば、完了です。おつかれさまでした。無事届いて、書籍が第二の人生(本生)を堪能、お役に立ちますように。

実際の振込金額

さて、8000円の値付けでしたが、Amazonの手数料が書籍の値段に応じてかかるので、実際に振り込まれる金額は下記のようになりました。

価格: ¥ 8000
配送料: ¥ 257
Amazon手数料: (¥ 1360)
振込金額合計: ¥ 6897

雑感

2回目以降は慣れているので、より楽に発送できます。価値ある書籍を次の読み手に直接届けられるサービスとしては、とてもいい方法なのではないかと思います。

まぁ、私が書いた「遊んで作るスマホゲームプログラミング」にしても、中古で本が出回っても著者には直接金銭的に得られるものはないのは寂しい点ですが、書いたものが読まれて、ときには誰かの役に立ったりする、というのはそれはそれでありがたいことです。

しかし、Amazonマーケットプレイスに出品するよりもこのブログ記事を書く方が大変だったという……。

まぁ、同じ本を売るという行為でもいろいろやってみるのも面白いですね。興味が出た方はぜひチャレンジしてみてください。そう、あなたの部屋に眠っている本を誰かが求めているかもしれないのです!